超初心者のためのブログ記事戦略

 

 

こんにちは。
しいのです。

 

商品をレビューする時、
デメリットって書いていますか?

 

デメリットって、一見書かなさほうがよさそうですが、
商品の購入をまよっている人には、大事な情報なんですよ。

 

商品のレビューにデメリットを書いていますか?

 

というのもですね、
私の本業での体験から、最近実感していることがあるからです。

 

私は本業で時々、お客様の意見をネット上で聞きます。

 

匿名なこともあって、色んなことが書いてあるんですが、
残念ながらそこには、いいことばかりは書いていないんですよね。

 

 

しかし、
まだ本業の業種でネットが盛んじゃなかったほんの8年ほど前は、
私たちに直接クレームを言われることが多くありました。

 

まあそれはそれで、
すぐに謝罪できて、改善できるから良いのですが、
もう今は、直接クレーム言える人、少ないですね。

 

 

サービスに問題があったら、
すぐにネットに書き込みって感じです。

 

そんな流れに本業も乗って、
ネット上でクレームを見ることが多くなりました。

 

 

だけど、
クレームがあるから、お客様が激減したというわけではなく、
それを見ても、うちを選んでくれるお客様もいます。

 

そうするとですね、割とクレームが少ないのです。

 

 

それは、
あらかじめデメリットを知った上で選ぶからなんですよね。

 

 

だから、
クレームを見ると私たちはショックを受けますが(汗)、
それが次のお客様の役に立つならば、書いていただいてもいいのかなと感じております。

 

 

 

では逆に、あなたがお客様側だったら・・・

 

例えば、あなたが旅行先のホテルを選ぶとき、
ホテルの口コミをチェックしすよね。

 

そこには必ずマイナスな評価もあります。

 

 

だけど、
それを知った上で予約して、
実際泊まった時に、そのホテルのマイナスな側面を感じて、
「口コミに書いてあったとおりだ」って思った経験ありませんか。

 

逆にマイナスの評価を知らずにホテルに泊まって、
マイナスな側面を感じた時には、
カチンときてすぐにネットに書き込みたくなる人もいるでしょう。

 

このように、
あなたの感じ方は違うはずです。

 

 

これは、アフィリエイトでも言えることなんですよね。

 

商品ページには、「よくある質問」や「Q&A」があって、
お客様の不安を和らげるようなことは書いてあります。

 

それも、所詮自分とこのサイトなので、
プラスに結びつけるような回答になっています。

 

 

だけど、
読者が商品を見る時には、
いい効果やいい口コミなどいいことばかりが知りたいのではなく、
欠点や悪い所はないかも同時に知りたい
のです。

 

 

そこでデメリットを納得した上で商品を購入すると、
実際気に入らなかった場合でも、
クレームにつながりにくいんですよね。

 

心構えができてお金を払ったという感じですかね。

 

 

だから、
商品のレビューには
あなたが感じたデメリットも正直に書きましょう。

 

メリットばかりじゃなく、
デメリットも素直に書くことによって、
あなたの信頼性もあがりますよ。

 

(ただし、
誹謗中傷じゃないように気を付けて下さいね。)

 

■前記事■
リンクを貼ったら必ず確認することとは?

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

 


アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

 

メルマガ購読・無料メール相談のご案内

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

続きを読む≫ 2016/08/18 20:16:18

アフィリエイト記事タイトルのつけ方補足【ちょい足し言葉で興味ひくワザ】

 

記事タイトルのつけ方で悩んでいませんか。

 

記事タイトルは、
検索エンジンからのアクセスを集めるのに、
とても重要なんですよ。

 

なぜなら、
検索エンジンからのアクセスは、
知識を得たいと思ったり、
何かを買おうと思ったり
意思がはっきりしている「濃いアクセス」だからです。

 

もし、その読者の役に立てる内容であれば、
ファンになってくれたり、商品を買ってくれたりします。

 

 

 

一方検索エンジンでは、
同じテーマのブログやホームページが
わんさかありますね。

 

あなたのブログだけじゃないんです。

 

だから、たとえあなたのブログに、
読者の役に立てるようなことが書かれていても、
必ず読まれるというわけではないんですよね。

 

 

 

検索結果で読者が目にするもの、
それは「記事のタイトル」。

 

それらが他のブログより、
目を引くものでなければ、
興味を持ってもらえない⇒あなたのブログに来てくれないということになります。

 

これでは、あなたがせっかく尽力した記事が日の目を見ません。

 

 

 

では、
どうすれば、あなたのブログを見てくれるのか。

 

 

 

それは、「記事タイトルを魅力的にする」ということなんです。

 

 

 

それで、
どういった方法で「魅力的な記事タイトル」を付けるのかが問題なんですが、
その要点はこちらで書きました。
ブログ記事タイトルのつけ方【読者を止める3つの秘訣】

 

 

 

でも、もう一つ付け加えておきたいことができたので、
ここからお話します。

 

 

 

それは、
相手の心をユサッと揺さぶる言葉を付けるんです。

 

相手の心を少しでもユサッと揺さぶる言葉って言われても、
ピンときませんよね。

 

例えば、
○○の秘密
○○の鉄板ルール
○○大暴露
○○大公開
○○一挙解決法
○○するだけ!
ラクラク○○のワザ
最強○○
○○のまとめ
などなど、あなたの記事のタイトルに、
少しだけ勢いをつけてあげるような言葉です。

 

 

 

こういう言葉に後押しされ、
「あ!この記事読んでみたい!」
って読者に魔法をかけるんです。

 

知らず知らずのうちに、
あなたもこのような言葉で動かされているんですよ。

 

 

 

心を揺さぶる言葉の見つけ方

 

っていっても、
文章とか見せ方とか学んでこなかったら、
このような言葉って思いつきにくいんですよね。

 

 

そこで、
見つけ方としては、
あなたのブログのターゲット層が読むような雑誌や広告から
言葉をひろう

 

というのは、お勧めです。

 

 

なぜなら、
雑誌や広告というのは、
人が一目見て、読みたい!って思わせる言葉を
たくさん使ってあるからです。

 

 

 

では、どんな雑誌を選ぶのか・・・

 

 

例えば、ブログのターゲットが
若い女性だったら、若い女性向けの雑誌、
年配の男性だったら、年配の男性向けの雑誌
などの目次や表紙から選んでみましょう。

 

 

ターゲットは年配の人なのに、
若い人向けの雑誌から、
若い人の間で流行っているような言葉を拾ってつけても、
年配の人には刺さりません。

 

逆に失礼な言葉になってしまうこともあるので、
そこは注意が必要ですよ。

 

 

参考にする雑誌などを選ぶときには、
あなたのブログのターゲットが
よく読むような雑誌や広告を選んで下さいね

 

 

まとめ

日頃から、あなたが雑誌を読んだり広告を見たりするときに、
意識して、言葉を拾って、ぜひメモしておいてください。

 

私は、日経ウーマンやママ向け
ファッション紙から言葉を拾い集めてますよ。

 

こういう言葉は、
記事タイトルだけではなくて、
無料レポートのタイトルや目次、
メルマガの件名など、
短い言葉で人を引き付ける時に使えますよ。

 

 

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2016/02/16 16:47:16

せっかく時間をかけて記事を書いても、
アクセスが来ないと悩んでいませんか。

 

 

せっかく良い記事を書いても、検索エンジンでアクセスが来ないと、
例え商品を紹介しても、誰の目にも止まりません。

 

 

 

 

では、検索エンジンでアクセスがあるのは、
どんなブログだと思いますか。

 

 

答えは、
「記事タイトルにとてもインパクトがあるブログ」なんです。

 

 

なにそれ?って感じでしょ?

 

 

記事タイトルとは、
記事のタイトルの事ですね。

 

そして、これは、あなたがブログを書いたときに付けますよね。

 

 

実は検索エンジンでは、
ブログタイトルではなくて、記事タイトルで検索されることの方が多い
のです。

 

 

実際この私のブログでも、
検索エンジンでは、ブログタイトルではなくて、
1つ1つの記事にアクセスが来ています。

 

 

ということは、

 

もし、あなたのブログが検索エンジンからのアクセスが来ないということは、
記事タイトルのつけ方に問題があるということです。

 

 

 

 

私が、なぜこんなことが言えるのかというと、
以前の私も時間をかけて書いた記事も、
まったくアクセスが来ていないと悩んでいたからなんです。

 

だけど、その時手にした教材を参考にすることで、
検索エンジンからのアクセスをグンと伸ばすことが出来ました。

 

 

その教材というのが、
「タイトルの力」

 

「タイトルの力」を詳しく見る

 

 

 

今でもめっちゃ重宝してるし、
これから先、メルマガを始める時にも、
ずっと使える教材だと、
すべて印刷して、一番手に取りやすい位置に置いています。

 

 

だけど、

 

 

以前の私は、
「タイトルの力」を手にするまで、
タイトルの重要性を知らず、
本当に適当にタイトルを付けていました。

 

「○○の方法」
「○○とは?」

 

だけど、そんなことって、すでに多くのアフィリエイターさんが
おんなじテーマで山ほどブログを書いていらっしゃるんですよ。

 

そんな中、始めたばかりのひよっこブログが勝てるわけない・・・

 

「誰にも見てもらえないブログは、ないのと同じ・・・」
って聞いたことある。

 

ちーーーん。

 

 

じゃあ、そんな数あるブログに勝てる方法は?!
「私の何がイケないの?!」と思ったとき、
他のアフィリエイターさんに思い切って聞いてみました。

 

すると、返ってきたアドバイスは?!

「タイトルが普通すぎかなと思います」

 

 

 

 

じゃあ、タイトルを変えればいいってやつ?

 

 

 

だけど、タイトルのつけ方で出てくるのは、
「キーワードを左側に」
「キーワードは複合で」
「刺さる言葉をいれて」
って、私には、ちっともわからない。

 

「刺さる言葉って何なんだ?」
「キーワードをどう組み合わせればいいんだろう?」

 

どんどん深みにはまっていきました。

 

 

でも、あきらめたくないので、
さらに調べていったとき、
出会ったのが、この「タイトルの力」

 

調べてみて分かったんですが、
タイトルが重要だと言われている中、
タイトルに特化した教材ってなかなかないんですよね

 

 

で、「タイトルの力」を参考にすることで、
こんな風になりました。

 

(当初)

 

アフィリエイトの記事タイトルのつけ方【タイトルの力でアクセスアップを狙う】



(1か月後)

 

アフィリエイトの記事タイトルのつけ方【タイトルの力でアクセスアップを狙う】

 

1か月でアクセス約3倍!!!

 

 

 

 

「タイトルの力」は、
記事タイトル、ブログタイトル、メルマガの件名は、
付け方のポイントがそれぞれ違うので、
その辺は分けて動画で説明してあるので、

 

 

記事タイトルに悩む方ばかりではなく、
・ブログを始める前の、ブログタイトルに悩む人
から
・メルマガの開封率が低く、メルマガの件名(タイトル)に悩む人
にもお勧めの教材です。

 

 

だから、アフィリエイトをしている限り、
長く重宝できるのです。

 

 

 

 

ただ、内容は素晴らしいですが、
正直、私も買ってすぐは、
動画を見ても、途中で集中力が切れて、
内容を理解せず、実践していませんでした(汗)

 

なぜなら、
動画では大事な所は力を入れて解説されていますが、
長くて終わった後に、そのポイントを忘れてしまうからです。

 

 

だから、書き起こしを見ながら、
大事な所は自分でメモしたり、マークしたりするといいですね。

 

 

 

私自身も、1回目目を通してから少し間を開けて、
「記事を書いても一向にアクセスが伸びない。」
という、悩みを再度持ち、

 

もう一度「タイトルの力」を見直してみよう。

 

と、見直して実践し、結果、
アクセスが伸びたのでした。

 

 

 

 

自分が考えた記事タイトルに、
狙ったキーワードでアクセスが来てると、
すっごく嬉しいです!

 

先日は、
記事を書いた次の日に、
キーワードでアクセスが来ていました。

 

アクセス解析を見た瞬間、
「よっしゃーーーー!!!」

 

って年甲斐もなく大声で言ってしまいました。

 

 

 

記事タイトルは、適当に決めてしまうと
あなたがとても苦労して書いた記事が、
誰からも読まれないということになります。

 

ずっと、誰からも読まれない記事のために時間を使いますか

 

 

 

今から書く記事は、
思わず先を読んでみたくなるような記事タイトルにして、
「読まれる記事」にしてみませんか。

 

 

「読まれる記事」になると、
アフィリエイトしたものが売れていくようになりますよ。

 

 

 

さらに、

 

 

実はこの「タイトルの力」、
内容もですが、サポートもあるし、
値段も良いんです。

 

この値段であなたの記事を「読まれる記事」にできるなら、安いものですよ。
あなたの目で詳細をチェックして下さいね。
「タイトルの力」のレビューをみる

 

 

 

あなたも、狙ったキーワードでアクセスが来る喜びと、
その結果、紹介した商品が売れていく感動を味わって下さい。

 

タイトルの力でアクセスをあなたに記事に呼び込みましょう!

 

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2016/02/12 21:57:12

ブログ記事タイトルのつけ方【読者を止める3つの秘訣】

 

ブログ記事タイトル、
適当に付けてませんか。

 

 

ブログの記事タイトルって、
とても重要なんですよ。

 

 

なぜなら、
記事タイトルを見て、
その先を読むかどうか判断されるからです。

 

 

つまり、
記事タイトルが読者の興味をひくものでなければ、
誰もあなたのブログを読んでくれないということです。

 

 

 

 

例えば、
ネットサーフィンをしている人は、
1つ1つのウェブサイトを見る時集中していません。

 

調べたいキーワードを検索して、
検索結果を見た時、
たいてい1ページ目だけを見ることが多いのです。

 

しかも、その中でも、
実際にタイトルをクリックして見られるのは、
面白さやインパクトがあるもの。

 

 

 

つまり、
記事タイトルに面白さやインパクトがあることによって、
読者が興味を持ち、
ブログを読んでみたいという気持ちになるのです。

 

 

 

 

では、どうすれば、
面白さやインパクトがあるブログ記事タイトルを付けることができるのでしょうか。

 

 

そのポイントを3つお伝えします。

 

ブログ記事タイトルのつけ方【読者を止める3つの秘訣】

 

面白さやインパクトがあるブログ記事タイトルを付ける3つのポイント

 

 

@キーワードを盛り込みサブタイトルをつける

 

 

例えば、ただ「おせちを食べました」だけだと、
すでにあなたのブログのファンだったら読むかもしれません。

 

 

だけど、
他の人も同じようにタイトルをつけているし、
新着記事表示されていても特に興味をそそりません。

 

 

 

しかし、
そこに【3日かかったけど手作り最高】とか、
【29,800円のデパートのお味は?!】など、
サブタイトルをつけたとします。

 

すると、
「今どき手作りおせちってどんなの作るの?!大変そう!」とか
「デパートのおせちに興味あるけど、どんなの?味は?」など、
読者の頭に「!」(驚き)や「?」(疑問)が浮かび上がり、
続きを読んでみようかなと、
タイトルをクリックされやすくなるんです。

 

 

 

 

Aカタカナや数字を入れ込む

 

ひらがなや漢字だけではなく、
カタカナを入れることで、
タイトルにメリハリがつきます。

 

ひらがなや漢字だけだと、
グラフで言えば横線一本という感じがしますが、
カタカナが混じることによって、
波打った感じになりませんか。

 

 

 

また、
数字を入れることによって、
読者が具体的に想像できやすくなります。

 

たとえば、上述のおせちの例で言えば、
3日だったら、「3日も!」という驚きになりますし、
29,800円だったら、「高い!」と
価値を判断することが簡単です。

 

 

それが、
「3日もかかったおせちってどんなの?」とか、
「29,800円のおせちってどんなの?」
という興味につながります。

 

 

 

 

B記事を書き終えた後にタイトルをいくつか考えて、
その中からインパクトがあるものを選ぶ

 

記事タイトルをつける時、
記事を書く前に付けて、
そのままアップしていませんか。

 

 

 

だけど、
記事を書いてみると、
その中にあなたが最初につけたタイトルより
もっとインパクトがある言葉があることもあります。

 

また、
記事を書いている途中に、
新たな感情が湧いてくることもあります。

 

 

 

そういう言葉を拾って、
いくつかタイトルを考えてみましょう。

 

 

そして、その中から、
あなた自身が1番始めに読みたいと思える、
最も興味を持てるタイトルを選んで下さい。

 

 

まとめ

 

 

この3つの事を意識してブログ記事タイトルをつけてみると、
今まで読者じゃなかった人も、
検索エンジンをたどってあなたのブログに来てくれます。

 

 

そして、
あなたのブログに訪れた後、
他の記事タイトルにインパクトがあれば、
他の記事も読んでくれる可能性が高まります。

 

 

 

私も実際に、
記事タイトルがおもしろそうなブログでは、
長い時間居座ってたくさんの記事を見てしまいます。

 

 

めちゃくちゃ興味をそそられているんですね。

 

 

1つの記事タイトルから来て
あなたのブログ内のいろんなページを見てくれると、
アクセスアップにもつながりますし、
滞在時間が長くなり、
検索エンジンからの評価が高くなります。

 

 

検索エンジンからの評価が高くなると、
検索結果で上位表示されやすくなるんですね。

 

 

 

このように、
1つ1つの記事タイトルに力を入れることで、
あなたのブログにいい変化がたくさん起こってきます。

 

あなたの記事タイトルにもぜひ生かして下さいね。

 

 

よりアクセスを呼び込める実践的なタイトルのつけ方を知りたい方は、
こちをご覧ください。
「タイトルの力」しいの特典付きレビュー

 

 

 

こちらも読んでくださいね。
ハンドルネームの決め方【覚えておきたい3つのポイント】

 

アフィリエイトで日記記事を書いていいの?!【ポイント3つ付き】

 

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2016/01/02 20:58:02

日々の記事ネタにお困りではありませんか。

 

それに、
勉強したことや、実践したことを
記事にしていくっていっても、
ちょっと限界を感じませんか。

 

 

 

確かに勉強になったり、
学んだことを再確認するためには、
とても役に立つことです。

 

しかも、読者にも有益な情報を提供できてるし。

 

 

 

でも、
それだけを毎日書き続けるのって、
自分でも楽しめませんよね。

 

アフィリエイトで日記記事を書いていいの?!【ポイント3つ付き】

 

そこで今回は、
いつもの記事書きに
ちょっと楽しみを加える方法をお伝えします。

 

 

 

 

それは、

 

日記記事を書くことです!!!

 

 

日記記事?
「それじゃあ、ただのブログになっていまうじゃないの!?」
って思いますよね。

 

 

だけど、
よーく考えてみてください。

 

 

 

 

何かを買ったり、
イベントに参加したり、
どこかに行ったりした時、
必ずお金が動いたり、あなたの気持ちが動いてますよね。

 

その、
お金を払った理由や、
あなたの気持ちが動いた理由を考えると、
どこかアフィリエイトにつながるところがありませんか。

 

 

 

 

例えば、
昨日「プリキュア」の記事を書いたのですが、
プリキュアのターゲットは、3歳から8歳の女の子です。
特に5歳前後の女の子が分かりやすいように、
過度に現実離れせず、一般的な日常生活が描かれています。

 

このように、
きちんとターゲットを絞られてるからこそ、
私の5歳の娘の心をガシッとつかみ
熱烈なファンにしてしまうのです。

 

参考までに、読んでください。
プリキュア映画、また3月にあるの?!【女の子の憧れは止まらない!】

 

 

 

ターゲット設定と言うのは、
アフィリエイトをする上で、
最も重要な部分です。

 

ターゲット設定をするかしないかで、
売り上げが変わってきます。

 

 

 

・・・というように、
アフィリエイトやビジネスの話に結論付けることで、
日記記事だけど、
アフィリエイトの記事にもなってしまうのです。

 

 

 

そう考えると、
あなたの周りにたくさんネタは転がっていますね。

 

 

 

 

ただ、気を付けておきたいのは、
そこであった事実をだらだらと書いていくのではなく、
これからお伝えする3つのポイントを押さえて下さいね。

 

 

アフィリエイトで日記記事を書くときの3つの重要ポイント

 

@しっかりと感情を込めること

 

例えば、
ケーキバイキングに行って、
「おいしかったー!日々のストレスが発散されました!」とか、
子どもと一緒にイベントに行って、
「うちの子ホントにかわいい!このひとときにめっちゃ幸せ感じました。」など、
あなたがそこで思ったことや感じたことを
思いっきり書きましょう。

 

そうすることで、
読み手にあなたの感情が伝えられ、
共感したり、親近感を持ってもらいやすくなりますよ。

 

 

A分かりにくい所は、しっかり解説する

 

日記記事って、
自分の頭の中では分かっているので、
説明や状況を伝えるのが省略され、
読み手にしっかり伝えることが難しいのです。

 

 

どういう状況なのか、
どうしてそう思ったのかなど、
出来るだけ詳しく書いて下さい。

 

一度記事を書き終えた後、
自分で声に出して読んでみるのもおススメですよ。

 

 

 

B最後はアフィリエイトやビジネスの話につなげる

 

ただの日記記事だけだと、
あなたの有益な情報を求めてきた人はがっかりするでしょう。

 

 

初めのうちは、難しいですが、

 

日頃から
「どうしてこれを買ったんだろう」
「どうしてこのイベントに参加したんだろう」
ということを考えると、
そこには集客やキャッチコピーなど、
アフィリエイトのテクニックにつながるヒントが隠されています。

 

そのテクニックにうまく結論づけましょう。

 

 

 

まとめ

 

アフィリエイトは長続きすることで、
大きく稼げるチャンスがやってきます。

 

逆に、9割の人は途中でやめてしまうから、
稼げないのです。

 

 

長続きさせるためには、
「自分が楽しめること」を
日々の作業の中に取り入れていきましょう。

 

 

この、日記記事を書くことも、
書いてみると分かるのですが、
自分が勉強したり、実践したりした記事を書くよりも、
スイスイ書けるし、長く書けます。

 

そういうことで、
文章がうまくかけず悩んでいる人にも、
「なんだ!私も文章が書けるじゃないの!」
という自信につながり、
楽しむことができるようになります。

 

 

 

読者も、
あなたと同じような境遇の人が集まりやすくなるし、
親近感を持ってもらいやすくなるので、
日記記事は本当におススメですよ。

 

 

ぜひ取り入れて下さいね。

 

 

 

「コウノドリ」終わってしまって「コウノドリ」ロスなんですが、
この記事も日記にアフィリエイト記事くっつけてます。
 ↓ ↓ ↓
ドラマ「コウノドリ」の感想【毎週見たくなる理由】

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2015/12/21 11:55:21

ブログの記事って、何文字位が妥当だって思いますか。

 

 

実は、
何文字くらいがいいとか、
何文字だからだめっとか、
特に決まってはいません。

 

 

だけど、
1000文字位か、またはそれ以上の記事の方が、
検索エンジンで上位に表示されることが多いんです。

 

 

 

ただ、
覚えておきたいのは、
今はスマートフォンで記事を読む人も多いので、
面白くない記事を、だらだら1000文字以上と言うのは、
さっと閉じられてしまう原因です。

 

面白くない記事は、何回もスクロールしてまで、
読みたいと思われません。

 

 

逆に、
面白い記事や伝えたいことがあったら、
いくら長くてもいいんですよ。

 

 

 

でも、
初めのころは、
人をひきつけるような面白い記事を書くというのは、
なかなか難しいです。

 

 

 

じゃあ、
1000文字以上の
役に立つ面白い記事を書いて!
って言われても、

 

 

げっ、1000文字!!!

 

 

って、私も正直思いました。

 

 

なぜなら、
小学生このころは、
原稿用紙400文字を書くのがやっと、
大学生の時は、
レポート用紙1枚書きあげるのがやっと
っていうレベルでしたから。

 

 

1000文字って原稿用紙2枚半ですよ!

 

 

そんなの無理無理無理・・・
って思ってたら、
アフィリエイトをスタートするのが遅くなってしまいました。

 

1つのブログ記事の長さは1000文字を目安に【文字数アップの3ステップ】

 

でも、
アフィリエイトをするなら、
文章って必ず必要なんですよね。

 

だから、
最初は「1000文字難しい」って思っても、
始めるしかないんです!

 

 

 

それで、
始めてみたんですけど、
やっぱり1000文字には遠く及ばず、
500文字くらいで終わっていました。

 

 

文章を書いては、
文字数をチェック。

 

 

「こんだけ書いたのに、
まだ400文字ぃーーー!」

 

 

毎回途方に暮れていました。

 

 

 

⇒文字数を調べるのには、
こんなツール(道具)を使っています。


【文字数カウント】

 

 

 

だけど、
ある日かいた文章をコピーして、
声に出して読んでみたんです。

 

 

そうすると、
けっこう意味不明な、
説明不足な所がありました。

 

ちなみに、
初めの文章は、
学んだことの要点を書いたり、
「きれいに」文章を書いていただけでした。

 

 

 

だから、
そういう意味不明な所に、
説明を補足。

 

すると、
800文字位になりました。

 

 

 

でも、
まだまだですね。

 

また読み返してみて、
「なんだかまったくつまらない」
と思いました。

 

 

だから、今度は、
自分の経験を入れたり、
感じたことを書いてみたんです。

 

 

そしたら、
なんと1000文字越え!

 

自分の経験は、書き出すと止まらない!
1400文字なんて行く日もありました。

 

 

こうやって私は、文字数を伸ばしていきました。

 

 

まとめると、
こんな感じです。

 

@学んだことの要点や伝えたいことを書く

A読んでみて、意味不明な所や分かりにくいところに説明を補足する

B自分の経験を書いたり、感じたことを書く

 

 

この3つのステップを踏むと、
文字数が多くなります。

 

 

し か も

 

 

それだけでなく、
読者にとっても分かりやすく、
面白い文章になりますよ。

 

 

まとめ

 

学んだことを、自分の言葉で伝えるって言っても、
初めのうちは、
1000文字って結構難しいです。

 

文字数をチェックしてみては、落胆。
初めの時はそんな日々が続きます。

 

 

だけど、
アフィリエイトは、
続けないと元も子もありません。

 

 

だから、
1000文字と言うのは、
目安にしておいて、
まずは、
記事を書いていくことに注力しましょう。

 

 

 

ただ、
短い記事は、
長い記事に比べて面白みがなかったり、
役に立たなかったりするのも事実です。

 

さらに、
長い記事を書いている人の方が、
短い記事を書いている人より多く稼いでいるっていうのも、
事実なんですよ。

 

 

 

この2つの事実を突き付けられた今、
ぜひこの3ステップを取り入れて、
文章を書いてみてください。

 

1000文字の壁が崩れるは近いですよ。

 

 

(ちなみに、上の文章は、1487文字です)

 

 

またまたちなみに、
私のプロフィールは、4885文字あります。
 ↓ ↓ ↓
しいののプロフィール

 

 

⇒文字数を調べるのには、
こんなツール(道具)を使っています。


【文字数カウント】

 

 

 

 

 

でもやっぱり、1000文字はハードルが高いという方にはこの物販アフィリエイト!

 

1ラウンドアフィリエイトの実践レビュー【特典付き】

 

 

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2015/12/08 17:46:08

ブログを毎日とか3日に1回とか、
定期的に書いてると、
こんなふうに書いちゃうことってないですか。
 ↓
 ↓
 ↓

この前やってしまった失敗の事ですが、
あの件は、なんとか丸く収まりました。

 

      とか、

 

大人ニキビに先日紹介したアノ方法
とっても良かったですよ。

 

 

 

これを読んでみても、

 

あの件って?
とか、
アノ方法って?

 

って、なりませんか。

 

 

ブログランキングや検索エンジンから
あなたのブログに初めてやってきた人は、
たいてい最新記事または個別の1記事を読みます。

 

 

そんな時に、
「あの件」とか「アノ方法」とか言われても、
なんのこっちゃとなってしまうのです。

 

 

 

 

だからって、
過去記事にさかのぼって、
「あの」ことを探す人はいません。

 

 

たいてい、
意味が分からなくなって、
「×」ボタンをクリックして
あなたのブログから去ってしまうんです。

 

 

 

 

でも、これって初心者の時は、
よくあることですよ。

 

 

だって、
私もよく書いていましたから。

 

 

1日1回ブログを更新していると、
自分の中ではアノことが継続していて、
つい書いちゃうんですよね。

 

 

 

でも、
良く考えてみると、
1記事目から継続的に読んでくれている人なんていないのに、
「昨日も言いましたように」とか
「以前書いた●●の件ですが」って、
平気で書いていました。

 

 

誰にもその先の記事読まれてなかったんだろうな〜。。。

 

 

悲しい現実です。

 

 

 

 

逆に、
自分でもそうですよね。

 

 

ブログランキングで人気ブログなどを見ていて、
「先日お話したアノことですね、
●●さんに話したんですよ〜」
とか書いてあると、
ちょっとした疎外感を感じてしまいます。

 

 

でも、
日記ブログならそれでいいんです。

 

 

ただ、
アフィリエイトのブログなら、
初めて来た人が疎外感を感じたり、
意味が分からないと感じてしまえば、
そのブログに好印象は受けません。

 

読者が、
あなたのブログをアフィリエイトのブログだって分からなくても、
第一印象が好印象でなかったら、
また再び見てみようって思いません。

 

 

 

だから、
初めてあなたのブログに訪れた人にでも、
個別の記事が分かりやすく工夫しましょう。

 

例えば、
「あの件」と書いたら、
簡単に説明したり、
「あの」ことを書いた過去記事に誘導したりする。

 

何回も出てくる用語の解説については、
別のカテゴリを用意して、
サイドバーなど、
読者がさっと調べられるようにする。

 

 

この2つの事をするだけで、
初めてあなたのブログに来た人にも
疎外感を感じさせず、
最後まで記事をよんでもらうことができますよ。

 

 

 

まとめ

 

読者に文章を読んでもらうっていうのは、
本当に難しいことです。

 

でも、
自分で書き終えた記事を
声に出して読んでみることで、
読者の目線により近づくことができます。

 

 

そうして、
「あの件」「以前お話した件」など、
自分でも意味を考えてしまうようなことは、
極力書かないようにしてみましょう。

 

 

インターネットで文章を読む読者は、
本で文章を読む人に比べて、
注意が散漫です。

 

しかも、
人は、面倒なことが嫌いです。
意味がわらかないからって
過去記事は読んでくれないって心得ましょう。

 

 

だから、
一回読んで、
意味が通るような1記事完結ブログ
おススメします。

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2015/12/05 16:56:05

どんなに役に立つブログ記事であっても、
読み疲れることってありませんか。

 

 

「あ〜なんかいいこと書いてあるけど、
最後まで読む気しないなぁ」

 

 

「読んだけど、結局何も頭に残っていない」

 

 

それって、
実は読みやすく書いてないからです。

 

 

 

その記事、

 

 

1行を長く書いてありませんか。
ずっと、同じ調子の文ではないですか。
大事な所がどこかわかりますか。

 

 

 

 

そこで、
今回は、『最後まで疲れないで読んでもらう
3つの文章の書き方ポイント』をお伝えします。

 

 

1、1行は短めに、適度に改行する

 

例えば、これを読んでください。
  ↓↓↓

 

ブログ記事を読みやすくする3つの方法【ストレスフリーで最後まで読んでもらおう】

 

 

もう見た瞬間、読む気が失せませんか。

 

 

 

本で小説などを読むのに比べて、
パソコンやスマートフォンで文章を読む人は、
注意力が散漫していることが多いので、
読みにくい文章を集中して読もうとは思わないのです。

 

しかも、
目を動かすって案外疲れるもんなんですよ。

 

 

新聞を思い出して下さい。

 

 

短めに改行してありますよね。

 

一面に記事は書いてあるけれど、
1つ1つの話題の記事は、
短い文字数で改行されています。

 

 

もし、あれが、
紙面の上から下まで文が書かれていたら、
まったく読む気が起こりません。

 

目だけじゃなくって、
首まで動かして読まないといけなくなりますよね。

 

 

 

そんなふうに、
目をそんなに動かさず、
読みやすいように配慮してあるんです。

 

 

だから、
あなたが文章を書くときには、
目を余り動かさなくていいように、
短めに改行し、
読む人にストレスを与えないようにしましょう。

 

 

 

2、大事な所は色を変えたり、大きさを変える

 

上述したように、
パソコンやスマートフォンで文章を読む人は、
注意力が散漫していることが多いので、
なんとなく読み進めている場合があります。

 

 

そうすると、
あなたが「これが大事!」って思ったところでも、
読者は気にも留めずスルーされることも多々あります。

 

 

 

大事な所に目を留めてもらったり、
あなたのメッセージが読者にきちんと届くためにも、
あなたが大事だと思ったところや、
ココを伝えたい!って思うような重要なところは、
装飾しましょう!

 

 

装飾っていうのは、
文字を太字にしたり、色を変えたり、
大きさを変えたりすることです。

 

 

普通の大きさでも色を変えるだけで
目に留まりやすかったり、

ここが重要なんだって
読者に気づいてもらうことができます。

 

 

無料のブログサービスでも、
ワードプレスでもSIRIUS(シリウス)でも、
装飾の機能があるので、
積極的に活用していきましょう!

 

 

 

 

でも、
やりすぎはいけません。

 

ほとんどの文章が赤とか、
色を変えたところがすべて違う色とか、

 

役に立つブログなので、
すべてが超重要!っていうのは分かりますが、
その中でも一番重要なところだけにしてくださいね。

 

 

 

あと、
付け加えるならば、
重要な所であっても、
青は使用しない方がいいですよ。

 

青は、「リンクの色」なんです。
青になっている文字をクリックすると、
別のページに行きますよってことです。

 

 

そういう風に認識している人が多いので、
青は使わない方が無難ですよ。

 

 

 

3、適度な接続詞を取り入れる

 

接続詞って何か分かりますか。

 

 

接続詞とは、
文章と文章をつなぐ言葉の事です。

 

 

例えば、
「しかし」とか、「だから」とか、「つまり」とか、
前の文と後の文をよりスムーズにつなげる
潤滑油のような役目をしています。

 

 

 

接続詞があることで、
読みやすくなりますし、
「しかし」とか「でも」とか書いてあると、
なんだなんだ?!って
先を読みたくなりますよね。

 

 

 

まとめ

 

文章を読んでもらうことって、
意外と難しいんです。

 

文章がいくら良くても、
読みにくいと途中で止めてしまわれるし、
もう見た瞬間に離れられてしまいます。

 

反対に、
読みやすくっても、
文章が面白くないとそこで終わりなんですね。

 

 

 

読者って意外とシビアです。

 

 

 

でも、
それって自分でも知らず知らずのうちに
していることだったんですよね。

 

 

私も、アフィリエイトを始めて、
読んでもらうことの難しさを実感しました。

 

 

 

人の興味を引き付けるような
面白い文章を書くためには、
何度も何度も書いて練習する必要があります。

 

しかし、
読みやすくするポイントを押さえることは、
文章を書くより簡単にできます。

 

 

だから、
この3つのポイントを意識して
ブログ記事を書いていきましょう。

 

1、1行は短めに、適度に改行する
2、大事な所は色を変えたり大きさを変える
3、適度な接続詞を取り入れる

 

覚えておいてくださいね。

 

 

そして、
一度プレビューで自分で書いたブログを声を出して読んでみて、
読みやすいか判断してみて下さい。

 

あなたが読みにくいと感じれば、
読者はもっと読みにくく感じます。

 

 

 

常に、
読者にとって読みやすい文章を意識することで、
せっかく書いたブログ記事、
最後まで読んでもらえるようになりたいですね。

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

続きを読む≫ 2015/12/03 20:13:03

初心者向けのブログ記事を書いていると、
つい忘れてしまうのが初心者目線です。

 

 

 

初心者目線を忘れてしまうと、
ついつい難しい言葉を使ってしまいます。

 

 

 

それは、
あなたにブログのテーマに関しての知識がついてきて、
専門用語を使ってしまうからです。

 

 

 

 

専門用語を使うと、
お役立ちブログらしく見えます。

 

しかし、
あなたのブログのテーマの事を、
初心者が調べようとしたとき、
その専門用語自体「?(はてな)」となってしまうのです。

 

 

もう3個以上分からない言葉が出てくると、
その先は読みませんよね。

 

おそらくこれは、
中級者以上のブログだってことで、
そこで「さよなら」です。

 

 

 

 

あなたにも経験はありませんか。

 

 

例えば、ブログを始めたばかりの初心者が

 

「グーグルクロームがリンクを辿って、
被リンクされたブログを巡っていきます。
だから、グーグルウェブサイトツールマスターに登録しておく必要があります」

 

 

っていう記事を見たときに、
いくつかの疑問が浮かび上がります。

 

 

 

実際私がアフィリエイトを始めた時、
この一文で、

 

「グーグルクロームって何?」
「被リンクって何?」
「グーグルウェブサイトツールマスターって何?」

 

って、軽くパニックになってしまうほどでした。

 

 

このカタカナ達にホント弱いんです。
拒否反応が出てしまいます。

 

今でも、
新しいカタカナ言葉を見ると、
「このブログ見なきゃよかった」って後悔することもあります。

 

私にとっては、
小高い「壁」なんですよね〜。

 

 

 

 

 

 

そこで、
同じブログに説明がなかったので、
一つ一つの言葉について
他のブログで調べました。

 

そうすると、
その時はもうすでに、
この1文が書いてあるブログの事なんて
忘れてしまっているのです。

 

 

調べに行った別のブログに、
もっと役に立つことが書いてあると、
元のブログには戻っていきません。

 

 

 

 

せっかく役に立つことを書いていても、
これではもったいないですよ。

 

だから、
「グーグルクロームとは?」
「被リンクとは?」
「グーグルウェブサイトツールマスターとは?」

って、
1つ1つ簡単にでも用語説明を付け加えましょう。

 

 

そうすることで、
読者は分からない専門用語の壁を乗り越えて
記事を読み進めていくことができますよ。

 

 

 

また、
普段使わないような、
難しい漢字も使わないようにしてください。

 

 

さっきの1文では、
「辿って」ってありましたが、
これ、読めますか。

 

 

 

私は、ひらがなで打って、
変換したからこの漢字が分かりましたけど、
普通に書いてって言われても、
書けません。

 

 

 

難しいことば同様に、
一般的に使わない難しい漢字も
控えましょう。

 

その代り、
漢字ではなくて、ひらがなを使ったり、
簡単な言い方にかえて書いて下さいね。

 

 

 

 

まとめ

 

あなたが初心者だったころ、
専門用語は理解できましたか。

 

 

あなた自身も、
何か調べたから、
専門用語の意味がわかったのだと思います。

 

 

あなたのブログがもし、
初心者向けにかいているなら、
常に初心者目線を考えて言葉を書いて下さいね。

 

 

 

もちろん、
読者自身にも分からない用語に出会った場合、
調べる努力は必要です。

 

しかし、
同じブログに書いてあった方が、
読者にとっては、
より役に立つブログになりますし、
他のブログで分からないことがあった時に、
「あのブログなら書いてあるかも」って、
頼りになりますよ。

 

 

たくさんの人が頼ってくれる、
「頼りになるブログ」に育ててあげましょう。

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2015/12/02 18:17:02

あなたは、ブログのテーマについての知識が十分にありますか。

 

 

私は、物販のブログを始めたとき、
そのテーマの分野について知識はあったものの、
特にそのテーマについて、
学校で勉強したとか、
専門的に知っていると言うわけではありませんでした。

 

 

だから、
他の同じテーマのブログやホームページを見て、
「こんなにすごいノウハウが詰まった記事を書くことができない」って思って、
自分がどう書けばいいのかすごく悩んだ時期がありました。

 

 

 

でも、

 

 

そんなノウハウや実績がない場合でも、
書けることって実はあるんです。

 

 

 

 

それは、
あなたよりも初心者に向けて、
あなたがテーマについて知っている知識やノウハウを
書いていくことです。

 

 

 

何を始めるにしても、
初めっからそのテーマについての知識を持っているわけではありません。

 

 

全く知識がない人は、
まず調べることから始めますよね。

 

 

 

 

あなただって、
自分が決めたテーマについて初めっから知識があったわけではないですよね。

 

初めは、
インターネットで調べたり、
本を読んだり、
自分で経験したりして、
知識がついていくものです。

 

 

 

その、
学んだ知識を
これから調べようとしている人に向けて、
書いていけばいいのです。

 

 

 

例えば、
ダイエットをブログのテーマにするけれど、
ダイエットで成功したことがないとしても、

 

ダイエットの方法
ダイエット中の食事
ダイエットに効くサプリメント
ダイエットに効果的な栄養素

 

など、
調べればわかることもたくさんありますね。

 

それを、
ブログの記事にしていくのです。

 

 

 

どんなテーマでも、
始めようとする人はたくさんいるけれど、
成功者っていうのは
初心者に比べて少ないんです。

 

こんな感じです。
 ↓↓↓
ブログ記事は初心者に向けて【スゴイ記事が書けないと嘆くあなたへ】

 

 

例えば、
私は時々テニスをしますが、
まだまだ初心者です。

 

 

だから、
テニスに関するブログを見ては、
どんな練習をすればいいのか、
どんな打ち方をすればいいのか、
コート内でどんな動きをすればいいのか、
など、
研究してます。

 

 

ブログによっては、
ブログの運営者が登場しているものもありますが、
時々は、
ブログの運営者の実践記録はなく、
ただの知識だけっていうのもあります。

 

もちろん、
ブログの運営者が登場している方が、
説得力はありますが、

 

ブログの運営者が実践していないのであっても、
私にとっては十分役に立ちます。

 

次のテニスの練習に使えそうです。

 

 

 

まとめ

 

このように、
まだ実績がないとか、
上級者みたいな専門知識がないという場合でも、
読者が読みたくなるような役に立つ記事は書くことができます。

 

 

あなたが、
そのテーマの初心者だったころを思い出して下さい。

 

まず、
何を調べましたか。

 

 

初めにあなたが調べたようなことを記事にしていくのです。

 

 

そして、
あなたがそのテーマについてどんどん調べたり、
実践していくうちに
さらに記事のネタは尽きないし、
書いていけるものです。

 

 

だから、
初めから、すごく専門的なすごい記事を書くことを目標とせず、
あなたよりも初心者に向けた記事を書いていきましょう。

 

少しは、肩の荷がおりるといいです。

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2015/12/01 11:39:01

ブログアフィリエイトって、
ブログの記事を書かないと話にならないのですが、
「ネタが思いつかない!」ってことありませんか。

 

 

 

1週間に1回程度のブログ記事更新でいいならば、
一週間のうちに何かしらのネタが浮かんできます。

 

 

しかし、
ブログを始めたころに、
1週間に1回のブログ記事更新では、
まったくアクセスは集まりません。
誰もそのブログを記憶に残さないのです。

 

 

誰かの記憶に残し、
また読んでもらえるようになるためには、
できれば毎日更新するのが一番いいのですが、
少なくとも3日に1回しましょう。

 

 

 

記事のネタを探す場所としては、
・テーマと関連がある本
・テーマと関連があるブログやホームページ

などがあります。

 

 

私も持っている本では限界があるので、
図書館に借りに行ったり、
ブックオフに行ったりして、
本を読んでいました。

 

ブログもいくつか訪問して、
大事なことはメモしてました。

 

 

 

 

とはいっても、です!!!

 

 

毎日更新って、
初めの頃って、正直しんどいです。

 

 

 

ネタがぽんぽん思い浮かぶ人はいいですが、
アフィリエイトを始めるまで
文章を書いたり、ブログをしたことのない人にとっては、
文章以前にネタが思い浮かばないのです。

 

 

私は思いっきり後者でした。

 

 

 

初めの時は、
ある程度、「このことについて記事を書こう」っていうのが、
10個くらいあって、
数日は順調に書けたのです。
(文章力は別として)

 

 

 

しかし、
そのうちに書くネタがなくなってきました。

 

 

そこで、
私がどうしたかと言うと、
メルマガから勉強したことや
自分のことを書くことにしたのです。

 

 

メルマガ購読からネタにする

 

メルマガって、
無料で登録出来て、
毎日送られてくるものもあります。

 

 

 

そんな中から、
自分で学んだことや
実践したことを書くのです。

 

 

無料だから、
興味があるメルマガをいくつも登録出来るし、
解除もできるのです。

 

 

 

情報教材系のアフィリエイトだったら、
たくさんの方がメルマガを発行されていますし、

 

物販系のアフィリエイトでも、
ブログを覗いてみると、
メルマガを発行している方もいらっしゃるので
登録してみて下さい。

 

 

 

ちなみに、
私が購読しているメルマガは、

 

 

エンタメさんという
2児のパパでアフィリエイトで
1,000万円以上稼いでいらっしゃる方のメルマガです。
無料で登録ができますよ。
 ↓↓↓
エンタメさんのメルマガ
「2児のパパがリストラから奇跡の復活をして4000万円以上稼いだ方法」

 

 

多く稼いでいる方で、
毎日ブログを更新される方って少ないのですが、
エンタメさんは、
毎日ブログを更新されています。

 

 

しかも、
メルマガの内容も初心者向けで、
ネタの発掘方法とか、
アクセスの集め方とか、
ブログのタイトルのつけ方とか、
分かりやすく、教材いらないんじゃないの?!っていうくらい
丁寧に解説されています。
しかも、無料でですよ!

 

 

 

 

 

だから、
すぐに自分で実践できる!
自分のブログで生かせる!

ってところが好きです。

 

 

 

またさらに、
2人の娘さんを持つパパさんでもありますので、
子どもさんの話や奥様の話、
お出かけされた時の話など、
プライベートなことも満載です。

 

 

私と同年代だし、
子どもさんもいらっしゃるし、
なんだか引き込まれてしまってます。

 

 

情報教材系だけでなく、
物販系のアフィリエイトをする方など、
ブログアフィリエイトをされる方には
お勧めのメルマガです。

 

 

あなたがブログアフィリエイトをする上でも役に立ちますし、
実践したことは、自分の記事のネタにもできるので、
一石二鳥ですね。

 

メルマガは積極的に取り入れてみましょう。
 ↓↓↓
エンタメさんのメルマガ
「2児のパパがリストラから奇跡の復活をして4000万円以上稼いだ方法」

 

 

 

 

自分の経験をネタにする

 

 

例えば、
エンタメさんや他の方のメルマガから学んだことを自分でやってみたこととか、
失敗したこととか、
やってよかったこととか。

 

ダイエットの商品を紹介しているならば、
自分で商品を使ってみた感想とか、
商品の自分なりの使い方とか。

 

自分の事をネタにすると、
日々いろんなことを経験しているので、
ネタに困らないですよ。

 

 

 

時々ならプライベートなネタもいいです。
プライベートな記事の方が
親近感を持ってもらいやすいし、
自分も書きやすいですよね。

 

 

私自身も、
物販のブログでは、
日々経験したことを取り入れたりしていますし、
このブログでも、
自分でやってみたことを紹介しています。

 

 

例えば、こんな記事。
 ↓↓↓
SIRIUSのグローバルメニューの横ずれの対処方法

 

自営業妻9年目にして思うこと【アフィリエイトと母から学ぶ現状打破】

 

 

自分が経験したこと。
そう、
自分自身がネタの宝庫なんですよ。

 

ネタに困った時こそ、
自分がやっていることや、
失敗したことを思い出して下さいね。

 

 

 

以上、
記事のネタを探す方法をまとめると、
このようになります。

 

1、テーマに関連がある本を読む
2、テーマと関連があるブログやホームページ
3、メルマガを購読する
4、やってみたことや失敗談など自分自身をネタにする

 

こうみてみると、
ネタって意外とあなたの周りにありふれているものなんです。

 

 

でも、
アフィリエイトを始めて、
長続きせず辞めていく人の大半が、
ネタが続かないということなのです。

 

反対に、
稼いでいる人は、
長続きさせてきた人なのです。

 

 

その辞めていく気持ちもよく分かりますが、
今ネタに悩んでいるあなたには、
もう一度自分がやってきたことを振り返ってみてほしいです。

 

きっと1つ以上は
ネタにできることがありますよ。

 

 

って、この記事をネタにもできますね。
もし、この記事に役に立ったことがあったら、
ネタにしてくださいね。

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

続きを読む≫ 2015/11/29 20:13:29

 
トップページ プロフィール 初心者の方はこちらへ メルマガ登録 目次 お問い合わせ