初心者アフィリエイトライティング戦略

オノマトペで読者に豊かな想像を【アフィリエイトでも効果絶大】

「オノマトペ」って知ってますか?

 

 

オノマトペとは、
擬音語や擬態語と呼ばれる語
のことです。

 

 

具体的にどういうものか

 

具体的にはこんな感じのものです。

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

◆擬音語◆

メーメー(羊の鳴き声)
ブーブー(豚鳴き声・ブーイング)
ドキドキ(心臓の鼓動)
ガチャン(ガラスの割れる音、錠がかかる)
チーン(鈴)
チン(電子レンジ)
ドカン(爆発音、衝撃音)
ズズー(ラーメンを啜る音)
カリカリ(サクサク)(スナック菓子の咀嚼音)
シトシト(雨)
サワサワ(草)
ゴロゴロ(雷)
トントン(肩たたき、ドアのノック)
など
ウィキペディア 擬声語の項目から引用

 

◆擬態語◆

ばらばら - 散らばっている様
めろめろ - 惚れ込んでいる様
たっぷり - 豊かで余裕のある様
じろじろ
ふらふら
きゅん - (感情)
じーん - (感情)
むらむら- (感情)
キラキラ - 光、輝き
ギラギラ - 強烈な光、強烈な輝き
そよそよ - 穏やかな風
メラメラ - 火
など
ウィキペディア 擬声語の項目から引用

 

 

話すときにけっこう使ってますよね。

 

 

関西人が道を教える時に、よく使うって言われてます。

 

「ここピー行って、
あそこドーンなったら、
右にヒョイっと曲がってや・・・」

 

って感じです。

 

あとは、
漫画とか、小説などによく使われています。

 

オノマトペを文章の中に入れることによって、
読んでる人にその場面の状況とか
物の程度を伝えることができるんです

 

 

で、・・・

 

今回は、
このオノマトペが、アフィリエイトでよく使えるんですよ。
っていう話です。

 

なぜなら、
さっきもお伝えしたように、
物事や人の様子を、
読者者が想像しやすくなるからなんです。

 

 

例えば、

 

@
「この化粧水を使うと、お肌がきれいになりました」
と言うより、
「この化粧水を使うと、お肌がツルッツルになりました」

 

A
「英語が話せるようになったんです!」
と言うより、
「英語がペラペラ話せるようになったんです!」

 

B
「この教材の音声を聞いて衝撃を受けました」
と言うより、
「この教材の音声を聞いて、ガツーーーーンと衝撃を受けました」

 

 

オノマトペは
赤字になった部分です。

 

 

どちらも後者の方が、
想像しやすくないですか?

 

程度や人の様子が前者に比べて
伝わってきます。

 

 

一度文章を書いてみて、
何かガツンと来るものがないなと思ったら、
オノマトペを取り入れてみてくださいね。

 

 

 

しかし、多用は注意です。

 

1つの文章にたくさんオノマトペを使ってしまうと、
本当にあなたが伝えたいことがぼやけてしまいます。

 

 

特に強調したい部分や、
「ここ分かってほしい!」って思うところに使ってみましょう。

 

 

まとめ

 

オノマトペを文章に取り入れると、
あなたが言いたいことを
読者が想像しやすくなる効果があります。

 

ただし使いすぎは、
あなたが言いたいことがぼやけてしまうので、
注意して下さいね。

 

 

*後記*
現在38歳のしいの、
このオノマトペという言葉を、
1か月前に知ったんです。

 

ところが今日息子の授業参観に行ったら、
「オノマトペを使って、詩を書いてみよう!」というお題目。

 

息子もしっかり
「ゴロゴロピカピカドォーン」
って、オノマトペ書いてました。

 

 

8歳でも知っていた!

 

 

ガビーーーーン!

 

 

 

ご質問・ご感想は、
お気軽にメールをください^^

 

 

*1日1回、あなたのクリックが記事更新の励みになります。よろしくお願いします*

アフィリエイト ブログランキングへ

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 

 

 


 
トップページ プロフィール 初心者の方はこちらへ メルマガ登録 目次 お問い合わせ